第245回優しさを行動に移しましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

12月17日 (水曜日)
「優しさを行動に移しましょう」

休日に、Tさん一家は遊園地へ出かけました。
天気も良く、多くの人で賑わいアトラクションに乗るにも、食事をするにも大行列でした。

遊び疲れた子供はは、帰るころになると、Tさんの腕の中で眠ってしまいました。
帰りの電車は大混雑していて、Tさん一家も立って帰ることになりました。

子供の体重を支える腕がだるくなってきた頃、前に座っていた女性が声をかけてくれました。
「私は足が悪くて席を譲ってあげれないけど、お子さんを抱っこしましょう」。
そう言って子供を膝の上に乗せ、寝かせてくれたのです。

申し訳ないと思いつつも、ホッとしたTさん。
降りる際には、その女性に心からの御礼を述べました。
その女性は、自分の母親ほどの高齢の方でした。

<大変そうだな><手助けしてあげたいな>と心で思っても、行動に移すのは勇気がいります。
断られるかもしれません。
それでも、あっさり声をかけ、行動に移すことは、たとえ断られても、きっと世の中の風通しを良くするでしょう。
特に若い世代は、気軽に声をかける術を、人生の先輩から学びたいものです。 

過去の記事

閉じる