第264回働く場に感謝をしましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

1月5日 (月曜日)
「働く場に感謝をしましょう」

挨拶をする際、頭を下げ、お辞儀をするのが日本の習慣です。
その形には、「相手の存在を認める」とともに、こちらが低姿勢をとることで「相手を敬う」謙虚な心が表現されています。

しれは、人だけではなく、場も対象となります。
神社の鳥居をくぐる時に、お辞儀をする人が多く見られるのは、境内を聖域として尊ぶ心の現れでしょう。
そうした場を尊ぶ行為によって、境内は、より神聖な場所として人々に受け止められるようになり、場そのものも清められてきたのです。

私たちが仕事をしている場所は、神社のような聖域ではないかもしれません。
しかし、今日一日仕事ができるのは、この職場があるからに他なりません。
そのことに感謝し、職場に「お辞儀」をしてみてはいかがでしょうか。

その積み重ねによって、職場はより心地良い場所となり、社内の雰囲気が和やかになるでしょう。
心が落ち着いて、業務もはかどるようになるでしょう。

パチンコ店でのバイト先でも、「お辞儀」をしてみてはいかがでしょうか。
一人ひとりの心が、職場を良い場にするのです。 

過去の記事

閉じる