第278回謙虚に質問しましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

1月19日 (月曜日)
「謙虚に質問しましょう」

ビジネスアドバイザーの古川裕倫氏は、「デキる上司の条件」の一つに、「知ったかぶりをしない」ことを挙げています。
とかく人の上に立つと、物を知らないことを恥ずかしく思い、部下の前で体裁を繕いがちです。

しかし、「知ったかぶり」のメッキはやがて剥がれ、思わね失態を招くことにもなりかねません。
それよりも、知らないことは知らないという率直な態度こそさっぱりとして、逆に周囲の信頼度もアップするというわけです。

論語に「下問を恥じず」とあるのは、まさにそのことを表わした諺でしょう。
これは、「年齢や地位が下の人にも恥ずかしがらずに質問せよ」という意味です。 
わからない時は、体裁を気にせず、素直に聞くことが大切だと戒めています。

「訊くは一時の恥」ともいいます。
「わかりません。教えてください」と、謙虚に物を尋ねる人には、人は喜んで教えてくれます。

そこからまた、良好な人間関係も生まれていくものです。 

過去の記事

閉じる