第280回苦言を受け止めましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

1月21日 (水曜日)
「苦言を受け止めましょう」

Eさんが営む店は、駅前商店街の一角にあります。
かつては栄えていましたが、今では人通りが少なくなってしまった商店街です。
Eさんは、<時代の流れだから仕方ない>とあきらめていました。

ある日、一人のお客様が店頭に立ち、商品を眺めながらこう言いました。
「この店の品物はタダでくれると言われてもいらないね」。

ショックを受けたEさんは、
「小売業はお客様の欲する物を仕入れ、安く提供することだ」 
という先代の教えを思い出したのです。
時代の変化を理由に、商売の基本を忘れていたことに気がつきました。

しかし、Eさんには、お客様が何を欲しているのかわかりません。
翌日から、店に来るお客様に、どのような商品が欲しいか徹底的にリサーチしたのです。

そして、お客様が求めているものを仕入れ、季節ごとに入替ながら陳列しました。
やがて、少しずつお客様が増えていきました。

「タダでもいらない」という強烈な一言に、今では感謝しているEさんです。

パチンコ店のバイトでも、言われて嫌だった一言があると思います。
その言葉も、受け取り方次第で、どのようにでも捉えることが出来ます。
悪く受け止めず、常にプラスで受け止めましょう。 

過去の記事

閉じる