第310回出力用紙を見直しましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

2月20日 (金曜日)
「出力用紙を見直しましょう」


パソコンの普及にともなって、様々なソフトウエアが開発されています。
ビジネスや文書やグラフなどが、速やかに美しく作成できるようになりました。

文書作成ソフトを使えば、多彩な書体や色を選ぶことができ、美しく印字されます。
漢字変換もいくつかの候補が示されるため、辞書を引く手間もありません。
表計算ソフトでは、複数のデータの中から必要なものを抽出してグラフ化したり、大量の数字を計算することも、定規や電卓を使わず行えます。

しかし、自動化されて便利になった反面、変換ミスや計算式の誤りなど、手書きではあり得ないミスも起こります。
文字や数字をそのまま転記する場合に便利なコピー&ペーストの機能を安易に使うことも、ミスを招く一因でしょう。

<パソコンで作成したから間違う訳がない>
という思い込みは禁物です。
きれいに印刷された用紙を見ると、一見正しいように見えますが、漢字変換や貼り付けの確認、電卓による検算など、人が操作した部分では必ず見直しが必要です。

ミスの原因をコンピュータに転嫁せず、自分の目でしっかりと見直しましょう。

パチンコ店のバイトでも、機械に頼り過ぎていませんか。
時には、人の目でしっかりと確認・見直しましょう。 

過去の記事

閉じる