第311回昼寝で心身の健康を保ちましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

2月21日 (土曜日)
「昼寝で心身の健康を保ちましょう」


心身ともに健康な状態でないと、よく働くことができません。
みなさんも自分自身を振り返って、思い当たることがあるでしょう。

ある会社で事務職をしているT子さんは、仕事上のミスが続いていました。
以前とは違い、集中できない自分が腹立たしく、ふがいなさを感じていました。

悶々とする日々を三か月ほど過ごしたT子さん。
医師に相談すると、一番の原因として、睡眠不足を指摘されました。
就寝時間は以前と変わりませんが、子供の進学や家計、介護の悩みなどが重なり、ぐっすりと眠れていなかったのです。

友人にそのことを話すと、昼寝を勧められました。
「昼休みに十分から十五分くらい昼寝する」
というアドバイスを試してみると、午後の仕事に集中できました。

昼寝の習慣は、怠け者のようで抵抗ある人もいるかもしれません。
しかし、適度な昼寝によって脳が活性化し、その後も仕事の能率が上がります。
時間をうまく活用して、心身の健康を保ちたいものです。

パチンコ店でのバイトでも、集中できない場合がありませんか。
日々の生活習慣にも気をつけながら、昼寝をとることをしてみては如何でしょうか。 

過去の記事

閉じる