第312回過去を肯定的に見つめましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

2月22日 (日曜日)
「過去を肯定的に見つめましょう」


野球のメジャーリーグ、ボストンレッドソックスで活躍する上原浩治選手。
自身の境遇から生まれた信条を
「雑草魂」
と呼びます。 

少年時代、家庭に自家用車がなかったので、休日はドライブに出かけることもなく、兄弟でキャッチボールをして過ごしました。
近くに練習場がないので、平日は、団地の狭い通路で、母親と練習することもあったそうです。

上原選手の家庭に車があり、週末に遠出をすることが多ければ、練習時間は減り、広い球場で練習していれば、今の制球力はなかったかもしれません。
時に、過去を振り返り、
「もっと恵まれた家庭に生まれていれば」
「あの時こうしていれば」
と悔いることは、誰にでもあるでしょう。

しかし、過ぎたことをいくら悔いでも、それは変えられません。
否定的な捉え方は、今の状況さえもマイナスの結果へと陥れることがあります。

それよりも過去を肯定的に受け止め、今の最善を尽くす時、目前に最高のマウンドが用意されるのではないでしょうか。

パチンコ店のバイトでも、過去を悔いることはあると思います。
しかし、いつまでも過去を引きずらず、目の前のことに全力を尽くしましょう。 

過去の記事

閉じる