第345回捨てる前に活用しましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

3月27日 (金曜日)
「捨てる前に活用しましょう」

 

JR東日本管内では、年間三十万本の傘が忘れ物として回収されています。
一本五百円と計算しても、およそ一億五千万円分もの傘が、電車や駅に置き去りにされていることになります。

地域の自治体や大学などが参加する
「JOBANアートライン協議会」
では、忘れ物傘にペイントして、世界に一つのマイ傘を作るイベントを開催しました。

地域の芸術振興と共に、保管期間が過ぎればごみとして処分されてしまう傘を再利用することで、リサイクル意識の啓蒙を行っています。
私たちの職場でも、裏紙を再利用したり、不要になったものを他社に譲ったりするなど、身近なリサイクルに取り組んでいる人は多いことでしょう。

「このまま捨ててはもったいない」という意識は、物への感謝の心の表れです。
処分する前に、<何か別の用途に活用できないだろうか>と、手を止めて考えてはいかがでしょう。
会社発の意外なアートが生まれるかもしれません。

処分をする場合も、仕事や生活を支えてくれた物と感謝して捨てたいものです。
 

過去の記事

閉じる