第352回最後まで真心を込めて応対しましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

4月3日 (金曜日)
「最後まで真心を込めて応対しましょう」

 

Mさんは、スマートフォンを新しい機種に買い替えることに決めました。
その際、携帯電話の会社も、A社からB社へ変更することにしました。
最近は会社を変えても、今の番号をそのまま使えるサービスがあるからです。

手続きのため、A社の店舗を訪れたMさん。担当者は中年層の男性です。
他社の乗り換えることを告げると、「まだポイントが残っている」とのことでした。

「手続き後にはポイントが失効してしまいますので、アクセサリー類の購入をお使いになりませんか」
と勧められました。 
そして、店を出る際には
「また当社に戻って頂ける日を心よりお待ちしております」
と、笑顔で見送られました。 

Mさんは十年以上A社を利用していたので、
<B社へ変更すると、嫌な顔をされるのでは>と思っていました。
しかし、店員の爽やかな応対に、その気持ちは払拭され、むしろ
<長年使ってきてよかった>
と好感を覚えたのです。

その会社で働く人の言動は、企業イメージに直結します。
特に、お客様が退会する時や契約が切れる時こそ、明るさが肝心です。 

過去の記事

閉じる