第353回花見を楽しみましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

4月4日 (土曜日)
「花見を楽しみましょう」

 

日本に国花といえば、何の花だと思いますか。
国花を法的に定める規定はないものの、日本人にもっとも愛されている花として、桜を思い描くでしょう。

桜はバラ科サクラ属に分類される落葉広葉樹です。
四百種類以上ある中で、もっとも一般的で馴染み深いのは「染井吉野」です。

桜の図案は、昭和四十二年から現在に至るまで、百円硬貨に使われています。
また、かつては電報の文面として、志望校に合格すると「サクラサク」、不合格なら「サクラチル」と用いられていました。

なぜ日本人に桜が好まれるのでしょう。
理由はいろいろありそうですが、ぱっと咲き、さっと散っていくその儚さ、潔さに、諸行無常を感じ取り、人生を重ね合わせて好まれたともいわれます。

皆さんの住む地域では、今年の桜はの開花はいつごろでしょうか。
会社仲間と、家族と、友人と、あるいは一人でも、ゆったりと花を愛で、英気を養ってはいかがでしょう。 

過去の記事

閉じる