第359回第一線の人から学びましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

4月10日 (金曜日)
「第一線の人から学びましょう」

 

小説家の池波正太郎氏は、若いころから様々な「一流」に触れることの大切さを述べています。
いい店に行くこともその一つです。

「ただ食べるちうことだけでなくて、いろいろ相手の気の配りかたがわかれば、こっちの勉強にもなる」
として、たとえ若くても、倹約してお金を貯め、その道の一流の店に行くことを勧めています。

一流に触れることは、仕事を上達させる秘訣でもあります。
第一線で活躍する人の仕事に触れ、それを目指すことで、仕事に取り組む姿勢が変わり、今後の自分の仕事を支える財産になっていきます。

また、目標とする人の仕事ぶりや姿勢、所作を真似ることにより、技術だけでなく、そこに込められた想いも学ぶことができます。
もし、見てわからないことがあれば、受け身になるのではなく、積極的に尋ねて、話を聞きましょう。

一流の人を徹底的に真似て、学ぶことを続けていくと、やがてそこに自分の個性が加わり、独自の仕事ぶりが生まれていくのです。 

過去の記事

閉じる