第361回互いの個性を尊重しましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

4月12日 (日曜日)
「互いの個性を尊重しましょう」

 

本誌発行元の倫理研究所では、家庭教育の大切さを伝えるフォーラムを全国各地で開催しています。
各開催地では、地元の教育にかかわる有識者や経営者が登壇します。

コーディネーターと共に、それぞれの立場から、家庭のあり方や人材教育など、多岐にわたるトークが展開されます。
フォーラムが通じて見えてきたことの一つは、人間が輝いて生きるためには、乳幼児から高齢者にいたるまで、「自己存在感」を確立することが重要な要素になる、ということです。

自己存在感とは「私は必要とされている」という自覚です。
たとえば「あなたのお陰で・・・」という一言は、
「自分は役に立っているんだ」
「ここにいていいんだ」
と自己存在感を高める大きな力になるでしょう。

職場においても、互いの個性を活かし合い、存在を認め合う時に、マンパワーが増大します。
自らの生きる力も強くなり、活力溢れる職場となるでしょう。
 

過去の記事

閉じる