第372回「感謝の気持ちを忘れずに生活しましょ

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

4月23日 (木曜日)
「感謝の気持ちを忘れずに生活しましょう」

 

茨城県を中心に外食産業を展開するB社は、「親孝行」を経営理念に掲げています。
お客様からも、社員やパートからも支持を得て、業績を伸ばしています。

B社が示す親孝行の「親」の字には、両親だけではなく、目上の人、上司、先輩など、お世話になっている人すべてを含みます。
その親に感謝の気持ちを持って生活するのと、そうでないのとでは、人生における滋味の豊かさに大きな差が出ると、B社の社長は強い信念を持っています。

働き手の確保に苦慮する飲食業界にあって、B社には、
「親孝行がしたいので、この会社に入りたい」 
と、続々と若者が入社を希望してきます。

物心ともに豊かに生きたいと願っても、その手段を知らなければ、思いを遂げることはできません。
B社では、親孝行の一つの形として、初月給から、いくらかの金額を、両親やお世話になった人のために使うことを奨励しています。

先人たちが編み出した「親孝行」は、より豊かに生きるために必要な心の持ち方を知る方法です。
自分のためにも、親孝行をしていきたいものです。 

過去の記事

閉じる