第383回「身の回りの自然を守りしょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

5月4日 (月曜日)
「身の回りの自然を守りましょう

 

五月三日の「憲法記念日」、五日の「こどもの日」に狭まれた四日は、かつて「国民の休日」と呼ばれる祝日でした。

平成十九年からは
「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」
ことを目的に、「みどりの日 」として祝日に制定されています。

もともと「みどりの日」は、植物に造詣が深く、自然をこよなく愛された昭和天皇の誕生日である四月二十九日でした。
その日が「昭和の日」に改められ、「みどりの日」は五月に移動されました。
連休中に行楽などに出かけて、自然の中で過ごしたり、草花や動物に触れ合う人も多いでしょう。

自然に親しみ、その恩恵に感謝することは、どこか特別なところに行かなければできないわけではありません。
皆さんの身の回りにはどれくらい緑がありますか。
近所に咲く花、いつも通る道に並んでいる街路樹は何でしょうか。

身近な自然に関心を持ちましょう。
生活の場の緑を増やして、その環境を大切に守ることで、豊かな感性を育んでいきたいものです。 

過去の記事

閉じる