第389回「両親に手紙を書きしょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

5月10日 (日曜日)
「両親に手紙を書きましょう

 

入社三年目のIさんは、毎日多忙です。
帰りも遅くなりがちです。

その日も、デスクに溜まった書類かを整理しながら、残業をしていました。 
すると、書類の間から、以前母親からもらった手紙が出てきたのです。

「また顔を見せてね。元気に頑張って」
という短い手紙でした。
一人暮らしの自宅に届いた手紙を会社で読んだまま、書類の間に埋もれさせていたのでした。

思いがけず出てきた手紙を読み返すと、心が温かくなりました。
こうして忙しく働いてる陰で、両親が応援してくれているのだと思うと、心が軽やかになり、いつも以上に仕事に打ち込むことができました。

その日の仕事上がりに、母親に一枚のハガキを書きました。
感謝の気持ちはなかなか口に出せないので、文章にして伝えようと思ったのです。
週末には久しぶりに実家に戻り、元気な姿を見せることもできました。

それにしても、なぜこの手紙が突然出てきたのかと、不思議に思いながらも、
<今の自分に必要だったからかもしれない>
と思うIさんです。 

過去の記事

閉じる