第395回「早めに処理ししょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

5月16日 (土曜日)
「早めに処理しましょう

 

江戸時代の儒学者として知られる佐藤一斎が記した『言志四録』。
修養の糧や教育の心得を学ぶ座右の書として、現代でも、多くの人に親しまれています。

一斎の仕事の処理について、このように述べました。
「人事の叢集するは落葉の如く、之を掃えばまた来る。畢竟窮まり已むこと無し。緊要の大事に非ざるよりは、則ち迅速に一掃して、遅疑す可からず」

これは、
「人のなす事がむらがり集まることは、秋の落ち葉の様なもの。
掃除してもまた落ちて来て、無くなるということはない。
だから、大切なこと以外は速やかに片付けて、ためらったりぐずぐずしてはいけない」
という意味です。

今日の仕事を今日のうちに終わらせることは、社会人の鉄則でしょう。
もし、その日に終えるべき仕事を翌日に引きずるようなら、もっと早く処理する方法を工夫しましょう。
行動をためらっていないか、点検することも必要です。

「明日しよう」
は三日延ばし、一生延ばし。
迅速かつ的確な仕事をこなし、心にゆとりを持って、日々の業務に励みましょう。
 

過去の記事

閉じる