第398「物事の見方を変えしょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

5月19日 (火曜日)
「物事の見方を変えましょう

 

四月に新しく入社した人、人事異動などで新たな部署に配属された人たちは、少しづずつ仕事にも慣れてきた頃でしょう。

一方、ストレスから体調を崩したり、新たな環境に馴染むことができずに悩んでいる人がいるかもしれません。
これは、「五月病」と呼ばれたりします。

このような人は、まじめだ几帳面、周囲に気を使う、内向的でおとなしい、新たな環境に慣れようとして力みすぎてします、などのの傾向であるといわれます。
しかし、それらの性格は、むしろ、その性格や特性が買われて、社員として迎えられたり、人事異動があったはずです。

オーストラリアの心理学者であるアルフレッド・アドラーは
「マイナスをプラズに変えることができるのは人間だけが持っている能力だ」 
と述べています。

人は誰もパーフェクトではありません。
自分の性格や特性をマイナスに見るか、プラスに見るかで、世界は大きく変わってくるでしょう。 

過去の記事

閉じる