第401「互いに認め合いしょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

5月22日 (金曜日)
「互いに認め合いましょう

 

「良く頑張ったね」
「素晴らし出来じゃない!」。
周りの人からこうした言葉をかけられたら、どのような気持ちになりますか?

何気ない褒め言葉が、その人の心の支えになることもあります。
Rさんは、中学三年生の時、前夜の勉強が功を奏して、国語の試験で百点を取りました。
担当の先生は、採点した答案用紙を返しながら、
「国語で満点を取った生徒は教師になって始めてだ。良く頑張った」
と褒めてくれました。

Rさんは、百点と取ったこと以上に、先生に褒められたことが嬉しくて、その言葉がずっと言葉に残っていました。
国語の時間が楽しくなり、さらに意欲的に勉強して、高校に進学しても、国語が一番の得意科目になりました。

人間には、年齢にかかわらず
「認められたい欲求」
があります。

その欲求が満たされた時に、喜びを感じます。
認められたり褒められたりして喜びが湧くと、そこには必ず、やる気や良くが生じます。
お互いに認め合い、褒める言葉、励ます言葉を使いましょう。 

過去の記事

閉じる