第424回「日常に美を見いだしましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

6月14日 (日曜日)
「日常に美を見いだしましょう

 

ある朝、子供たちが学校に登校すると、教室の黒板に、チョークで巨大な絵が描かれています。
内緒で描かれた黒板のアートに、登校した子供たちはから
「すごい!」
と歓声が上がります。

これは、武蔵野美術大学の教授と学生が、美術教育の普及を目的とした
「旅するムサビププロジェクト」
の一環で行う
「黒板ハイジャック」
という活動です。

「黒板ジャックと通じて、美術が日常と一体化して生活の中に息づいていることを感じてもらえれば」
と、主催する三澤一実教授は語ります。
授業が始まる頃には、黒板の絵は消されてしまいますが、心に刻まれた感動は消えないでしょう。

芸術や美術というと、日常とは別世界にあるもの、と決め付けてしまいがちですが、見慣れた場所や使い慣れた物も、アートの舞台になります。
身の回りには、美的センスに優れた看板や広告、映像も溢れています。

日常の中で本物の美に触れる体験、美しいものを発見する感動は、お客様に、より質の高い仕事を提供できるセンスを磨くことにつながるでしょう。 

過去の記事

閉じる