第426回「仕事の頼み方を見直しましょう

こんにちわ。
「はたらびっと」の運営者です。

運営者のつぶやきでは、人生を愉しく過ごせる為の心がけ・名言をつぶやきます。
また、働く為に必要な教養が身に付けば幸いです。
 

6月16日 (火曜日)
「仕事の頼み方を見直しましょう

 

達筆なEさんは、社内で、祝儀袋や賞状の名入れを頼まれることがあります。
ある日、賞状の名入れを頼まれた際のことです。
「失敗した時のために」
と、依頼者は、賞状を二枚用意しれくれました。

また、名前に「殿」は必要かと質問したところ、名前だけでよいことを教えてくれ、さらに、以前撮ってあった賞状の写真をわざわざ届けてくれたのです。
その写真がとても役に立ちました、
百聞は一見に如かずで、文字の大きさや配置など、写真を参考に、名入れをすることができました。
そして、その依頼者が、Eさんが書きやすいようにと配慮してくれたことをありがたく思いました。

仕事を依頼する場合、
「後は任せた」
と言いつつ、できあがったものを手直しすることは多くあります。
最初に、ベストな仕事をしてもらえる配慮をすることはとても大切でしょう。

Eさんは以後、人に仕事を依頼する際、
「自分が依頼された時にわかりやすいかどうか」
を常に念頭に置いています。
 

過去の記事

閉じる